税理士の封筒

税理士事務所開業時に封筒をどうする

封筒って皆さん軽く見ていませんか。毎月少なくても請求書が送られてきます。また、DMを送ったりするときには自社の封筒を使用します。顧客の目に留まることが多いツールです。これが汚い印刷のものであったらいかがでしょうか。なんだかそこの事務所のイメージが悪くなりますよね。さらに、知らないで中が透けているような封筒を使用した場合、個人情報の保護に関心のない事務所というふうに思われてしまします。封筒は実は重要なツールです。

封筒の役割

  • 見込み客に対する資料送付
  • 顧客に対する請求書等の送付
  • DMをする場合、コストを抑えるには自社封筒を使用することが多い
  • 郵送以外の手渡しの資料用にも使用

封筒作成方法

  1. 文具通販のテンプレートで作成(画面で自分で項目入力)
  2. はんこのチェーン店などのテンプレートで作成(お店の人が作成してくれます)
  3. デザイン会社に依頼

封筒にはロゴマークを入れることを強くお勧めいたします、場合によっては2でも対応してくれるかもしれませんので2か3がよいでしょう。2か3で作成して、データをもらいリピートは文具屋さんのインターネットサイトなどで注文するという流れがよろしいかと思います。

封筒作成の手順

ヒアリング

デザイン 封筒セレクト(テープ付きなどの仕様も選択)

修正

印刷

封筒作成の注意点

  • 相手に定期的に渡るものなので出来ればロゴマークを入れる。
  • 可能であれば封筒自体の色はコーポレートカラーに近いものにするか、白等の色にして印刷色をコーポレートカ ラーにする。
  • 封筒自体の紙が厚いものを選択するか、裏面が黒で透けない個人情報保護対策のものを選択する。
  • 値段がすごく変わるわけではないのでテープ付にする。封をするときの手間を考えると断然お勧めです。

封筒の作成事例はこちら

税理士の独立開業時にピッタリなホームページ作成サポート 無料相談受付中

全国対応フリーダイヤル:0120-122-127(平日10:00~20:00)

ご予約いただければ土日祝日・夜間も面談対応いたします。

無料相談受付中

全国対応フリーダイヤル:0120-122-127(平日10:00~20:00)

ご予約いただければ土日祝日・夜間も面談対応いたします。

メールでのお問い合わせ

有限会社ポーカー・フェイス20周年記念プロジェクト
みんなの顧問